帯広のカイロプラクティック|ボディリサーチ

帯広のBody research【ボディリサーチ】

ガンステッドカイロプラクティックとは?

ガンステッド氏1898~1978

カイロプラクティックの創設者、発展者の教えを崩さずに素晴らしいシステムを創りあげた伝説のカイロプラクター ドクターGの愛称こと。
CS(クレーランス)ガンステッド氏(病院では原因が解らない脊柱の神経経路とさまざまな疾患との関係を科学的に証明し、全米で沢山の人々を救ってきた人物)のカイロプラクティック

このシステムは患者の病歴、視診、触診(静的 動的)神経学的検査
脊柱インスツルメンテーション=ナ-ボ(温度測定器)フルスパインXray(全脊柱レントゲン撮影像)検査に従い、椎骨の後方変位、神経バランスに着目していきます。
又、人間の構造を良く考え抜かれた独自の、独特なテーブルを使用します。

現在、この可能性の高いシステムを行うカイロプラクティックオフィスは世界~日本に本当に少なく、そして北海道十勝でも当院が唯一のガンステッドシステムとして行っております。(物理慮法や他の器具は一切おこなはない哲学重視の考えです。)

レントゲンとナーボスコープ(温度検査器)の重要性

温度測定器
全身レントゲン

カイロプラクティックでは立位でのフルスパインレントゲンを重要視しています。
バランスや椎体の退行変性の問題を見ていきます。

温度検査器では左右の針の振れる位置からサブラクセーション=神経圧迫による配線不良で、皮膚温度が高く表示されます。
なぜ重要か?
カイロプラクティックの考案者(発展者)がレントゲンと、この機器を60年前から使用して最近、この0.3度温度変化がある位置から病理が20%発生すると科学者が証明したことから神経圧迫は健康の問題を阻害している証明になったのです。
皆さんの違和感や体の中に問題があるところは温度変化として現れているのです。

アジャストメントとは?

アジャスメント

サブラクセーション「神経圧迫」を取り除くアプローチ。
アジャストメントにより「神経圧迫の開放=流れを良くする」どのような精密機械より優れている人間の手による調整で、生理機能を回復させ健康の増進し(自らのポテンシャルを引き出す)、そして病気の予防とします。
又、特にガンステッドを行う先生は、患者さんの情報からどの角度、どれくらいの最小限の力、どのようなタイミングでアジャストメントするか訓練されています。(正に芸術と呼ばれるものなです。)

アジャストメントに音が出るのは骨が鳴っているのではなく関節間の問題であり、皆さんが体に違和感を感じ頚や腰を動かし音が出たものと私達がおこなうアジャストメント時に音が出てるものは全く違うものです。
アジャストメントは矯正とか骨を入れるとかの意味でもありません。

当院の特徴

人体の構造 研究 ダビンチ画